植物由来原料を使用したMMAモノマーのパイロットプラント設計開始~サステイナブルMMAの本格展開に向け大きく前進~

三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカルメタクリレーツ株式会社

2022年2月16

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)及びその連結子会社である三菱ケミカルメタクリレーツ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:佐々木 等)は、植物由来原料を使用するMMA(メチルメタクリレート)モノマーの製造技術を開発し、この度、パイロットプラントの設計に着手したことをお知らせします。

当社グループは、次の3つの方法により製造するMMAモノマーを「サステイナブルMMA」と定義し、製造技術の開発に取り組んでいます。

1. 使用済みのアクリル樹脂を回収、分解して再利用するケミカルリサイクル *
2. 既存のMMAモノマー製造プロセスに植物由来原料を適用する新規製造技術
3. 植物由来原料から発酵法により直接MMAモノマーを製造する新規製造技術

 

 

サステイナブルMMAの概念図。1.使用済みアクリル樹脂のケミカルリサイクル、2.既存プロセスへの植物由来原料適用、3.植物由来原料から発酵法によりMMAを直接製造するプロセス の3種の方法により環境負荷を低減する

今般、2.の技術開発において成果が得られ、新たにパイロットプラントの設計を開始することとしました。今回のプロセスは、植物由来原料を既存プロセスに適用させるもので、これにより100%バイオ由来の炭素を有するMMAが製造可能となります。パイロットプラントは2023年度に稼働させ、品質及び技術の実証を経て、2026年には既存の商業規模プラントへの適用を目指します。
また、既存のMMAモノマー製造技術においても、革新的な触媒の開発や生産性を向上させるプロセスの開発を行い、製造時のエネルギー消費や排出物の削減により、環境負荷の低減に努めてまいります。

MMAは自動車のランプカバー、看板、水族館の水槽、塗料、建材などに用いられるアクリル樹脂の原料で、世界需要は360万トンを超えており、今後も各国GDP並みの伸びが見込まれています。
当社グループは、MMA及びアクリル樹脂における世界ナンバーワンシェアのメーカーとして、同事業の可能性を追求し、世界中のステークホルダーとともに、サプライチェーン全体で環境負荷を低減することを通じて、サーキュラーエコノミー実現に向けた取り組みを積極的にリードしていきます。

* ケミカルリサイクル:アクリル樹脂(PMMA)においては、固体のアクリル樹脂を分子レベルで分解してMMAモノマーに戻すことを示しています。また、当社ではアクリル樹脂のケミカルリサイクルを英語でMolecular Recyclingと表現しています。
 (関連するプレスリリース)
2021年5月24日付「アクリル樹脂ケミカルリサイクルの事業化に向けた実証設備の建設および実証試験の実施について」
2021年12月9日付「Agilyx社とのアクリル樹脂ケミカルリサイクル実証試験の成果について」

 

お問い合わせ先

三菱ケミカル株式会社 広報本部

 

TEL: 03-6748-7161