三菱ケミカル株式会社
三菱ケミカルメタクリレーツ株式会社
三菱ケミカルインフラテック株式会社

2021年11月 4日

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之)及びそのグループ会社である三菱ケミカルメタクリレーツ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:佐々木 等)、三菱ケミカルインフラテック株式会社(本社:東京都千代田区、社長:福居 雄一)は、アクリル樹脂板「アクリライト™」の抗ウイルス・抗菌グレードについて、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する抗ウイルス効果を確認しましたのでお知らせいたします。

【抗ウイルス性試験概要】

〇試験機関:   一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター

〇試験方法:   ISO21702

〇試験ウイルス:        Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2)

NIID分離株;JPN/TY/WK-521

〇試験サンプル:        アクリライト™ 抗ウイルス・抗菌グレード

〇試験結果:   ウイルス低減率99.9%以上 ※ 抗ウイルス加工は、製品上の特定のウイルスの数を減少させるもので、病気の治療や予防を目的としたものではありません。また、本試験結果は一例であり、実際の使用環境での性能を保証するものではありません。

【プレスリリースに関するお問い合わせ】

三菱ケミカル株式会社 広報本部 

TEL:03-6748-7161

【製品に関するお問い合わせ】

三菱ケミカルメタクリレーツ株式会社 技術本部 PMMA技術部

TEL: 03-6748-7526