ふだんの暮らしの中であなたもメタクリレーツに触れています

その歴史は20世紀初頭までさかのぼります

こちらがこれまでのメタクリレーツの歩みです

1930年代

メチルメタクリレート(MMA)を原料として世界で初めての透明アクリル樹脂板が作られました

1940年代

第二次世界大戦での航空機向け用途増加により、生産量が増加しました

1950年代

メタクリレーツ製品はアクリル樹脂の透明性に注目したデザイナーによりファッションや家具の一部として、家庭でも使われるようになりましたた

1970年代

時代が進むにつれメタクリレーツ製品は、より幅広い分野で利用されるようになり、多くの人々のくらしの中の中に溶け込んでいきました

2000年代

三菱ケミカル(MCC)(当時三菱レイヨン)が当時の世界最大のMMAメーカーであったLucite Internationalを買収してメタクリレーツ事業を拡大しました

2010年代

MCCとSABIC(サウジ基礎産業公社)の合弁会社が世界で二番目のアルファ法MMA製造プラントをサウジアラビアで稼働開始しました

2020年代

MCCはこれまで培ってきた製品に対する知識、経験そして情熱を基盤に、メタクリレーツ事業をMitsubishi Chemical Methacrylatesとしてグローバルに統合しました